現役栄養士が鶏肉、豚肉、牛肉を栄養面からそれぞれの特徴や効果を解説!

query_builder 2021/05/23
食事・栄養関係
スクリーンショット 2021-05-23 23.45.58

こんにちは!HOME FITTORE(ホームフィットレ)スタッフの松戸です!

今回の内容は『鶏肉、豚肉、牛肉を栄養面からそれぞれの特徴や効果』を解説していきたいと思います。鶏肉や豚肉、牛肉とは言っても皮や胸、ささみやモモなど、部位ごとにそれぞれの栄養面は全く違いますから、全体的に見て解説していきます。また、体を絞りたい方、ダイエットしたい方、筋肉を付けたい方など筋肉に対してどんな影響を与えるのか?そこまで突っ込んで解説していけたらと思います!


【鶏肉】

疲労回復を促進するイミダペプチドが多く含まれる

・エネルギーの代謝を促進するビタミンB群および、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAを多く含む

・消化吸収がよいため、胃腸の調子がよくない時や、お子様・高齢者の方にもおすすめ

・安価である


鶏肉に関しては、低カロリー高タンパクであるささみ肉や胸肉など、ダイエットやボディーメイク、健康面、美容面でも注目したい食材のひとつです。ただ、鶏肉は低カロリーという印象があるかもしれませんが、皮の部位はカロリーが高いので、カロリー計算をしている際は注意が必要。もちろん、皮は鶏肉の中でもジューシーでおいしい部位のひとつであることは間違いありませんが、皮を剥いで食べるのも一つの戦略とも言える。また一番忘れてはいけないのがお財布に優しい安価であることや疲労回復を促進するイミダペプチドが鶏肉には含まれる。


【豚肉】

代謝に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれる

糖質をエネルギーに変える際に必須の栄養素ビタミンB1の含有量が特に多い


豚肉の特徴は、なんといってもビタミンB群が豊富なこと。その中でもビタミンB1は、エネルギーの代謝を助け、疲労回復などの効果があります。エネルギーの代謝を助けると言うことは、トレーニング中のエネルギー変換が促され、パワーを発揮しやすくなる。すなわち高パフォーマンスになるとも言える。


【牛肉】

・体内に効率的に吸収されるヘム鉄が豊富に含まれる→牛肉が赤いのは鉄が豊富に含まれるから!

・豊富に含まれる亜鉛で免疫力アップ


鉄分は赤血球をつくるのに必要な栄養素で、不足すると貧血などの症状を引き起こします。また、運動中やトレーニング中は強い刺激を入れることから衝撃により体内の赤血球が壊れやすくなります。それによってどうしても鉄分が不足しがちである中、鉄分を多めに摂取しておきたいところです。




HOME FITTORE(ホームフィットレ)では、こういった食事指導も取り入れています。また、全プランに食事管理もつけていますので、本気で体を変えたい方は是非お待ちしています。HOME FITTORE(ホームフィットレ)は東京を中心に出張パーソナルや全国対応オンライン、渋谷駅から徒歩6分の場所に完全個室ジムを用意しています。初回体験無料ですので是非体験してみてください!

NEW

  • トレーナーがおすすめする健康食品の代表🥇納豆の効果

    query_builder 2021/06/22
  • 栄養士トレーナーが脂質について解説!

    query_builder 2021/06/23
  • トレーナーおすすめ!効果的なお風呂の入り方♪

    query_builder 2021/06/18
  • パーソナルトレーナーが教えたい産後ダイエットのポイント

    query_builder 2021/06/21
  • ヨーグルトの摂取タイミング

    query_builder 2021/06/17

CATEGORY

ARCHIVE