トレーナーおすすめダイエットに必ず訪れる停滞期と対処方法

query_builder 2021/04/01
食事・栄養関係
スクリーンショット 2021-04-01 22.27.09

HOMEFITTORE(ホームフィットレ)スタッフの松戸です。


今回の記事は『ダイエットに必ず訪れる停滞期とする乗り越える方法』についてパーソナルトレーナーである私自身が経験と知識から説明していきたいと思います。この記事を読み終えると、停滞期がなんなのか、停滞期がきちゃったと思ったらどういう対応をすれば良いのかがわかるようになります。


停滞期

停滞期というのは、体重が減って行くのを実感でき順調に進んでいってたものの、効果が一旦停止したり微増となってしまう時期。


人間にはホメオスタシスという恒常性ホルモンがあり、このホメオスタシスというのは、身体の外部環境が変わっても内部環境を一定に保とうとする機能です。


例えば気温が変わっても体温は変わらない。など。これは人の体重にも訪れます。体重を減らすためには、基本的に摂取カロリーを落としていきますよね?摂取カロリーを落としすぎると人間は餓死してしまうと体が勝手に反応し恒常性ホルモンが分泌されるようになります。よって体重は一定に保たれようとし体重が減らなくなってしまいます。


停滞期がくるタイミング

ダイエット停滞期がいつ起こるかは個人差がありますが、だいたい1カ月で体重の5%が減ると、ホメオスタシス機能が働いて停滞期に入りやすくなります。 なので、1カ月の間に体重が50Kgの人なら2.5Kg、60Kgの人なら3Kg減ったら、停滞期に入る可能性が高いと思っておきましょう。


私が実際に停滞期かどうか確かめる方法があります。停滞期かな?と思ったらまずは体温を計らせます。いつもの体温より0.3度程低くなっていれば停滞期と判断します。なので体温は常に測っておく必要があります。


停滞期を乗り越えるおすすめの方法

脱出方法としては

1:食事をしっかりとり体を一旦安心させる。

2:料理のバリエーションを増やす

3:運動量を見直す

4:毎日の生活をチェックし改善する(睡眠・食事時間)


このような脱出方法がありますが、お客様に停滞期がきたと思った時に実際に私が停滞期を乗り越えるために行なっている対処法を教えます停滞期がきたらまず1日に2.5~3ℓの水を3日間飲んでもらいます。私の経験では3人に1人(30%)の確率で停滞期を乗り越えられます。


次に行う方法は1週間の摂取カロリー自体は変わらないが変化をつけてみる。例えば毎日1200kcalだったのを、月曜日は800kcal、火曜日は1800kcalなど変化をつけてみます。それでも変わらなければ次の日にチート(大量に食べる)をしてもらいます。これで停滞期は乗り越えられると思います。しかし大抵の方は摂取カロリーに変化をつけると乗り越えられますので取り入れてみてください!


HOMEFITTORE(ホームフィットレ)では、東京を中心に(品川区)神奈川県、千葉県に出張パーソナルとして自宅やジムにお伺いしダイエットをサポートしています。またオンラインレッスンで本格ダイエットを行なっていますので、ぜひ利用してみてください!

NEW

  • 蒲田駅5分の通い放題パーソナルジムLUAANA(ルアーナ)オープン

    query_builder 2022/08/09
  • 【女性におすすめ】へこんだお尻に効く!丸く引き締まったお尻トレーニング

    query_builder 2022/07/10
  • パーソナルトレーニングLUAANA(ルアーナ)ジム蒲田店

    query_builder 2022/07/07
  • 0kcal食品とダイエットについて栄養士が解説!

    query_builder 2022/07/04
  • 栄養士が解説!コーラは骨を溶かすは嘘?

    query_builder 2022/06/13

CATEGORY

ARCHIVE