トレーナがおすすめ!トレーニング前はラジオ体操が一番効果的!

query_builder 2021/05/15
ブログ
スクリーンショット 2021-05-11 15.17.01

皆さんこんにちは、HOME FITTORE(ホームフィットレ)スタッフの松戸です。


今回の記事は『トレーナがおすすめ!トレーニング前はラジオ体操が一番効果的!』について説明して行きます。この記事を読むとトレーニング前にどのようなストレッチをすれば良いのか理解できると思いますので、最後まで読んでみてください。


【ストレッチの種類】

ストレッチの種類には大きく分けて3つあります。

①バリスティックストレッチ

②ダイナミックストレッチ

③スタティックストレッチ

大きく分けるとこの3つのストレッチがあるのですが、用途別に分けることで効果的に能力を発揮することができます。


①バリスティックストレッチ

筋を伸ばした状態からリズミカルに反動を利用したストレッチ。ウォームアップの途中など、ある程度カラダを動かしてから行うことがいいとされます。何か部活動をやっていた方はもう既にやったことはあるかと思いますが、反動をつけてアキレス腱をしたり、飛び跳ねるといったジャンプ系のストレッチ種目になります。よってこのストレッチは強度が高いため、アスリート選手やスポーツ選手のウォームアップで利用されることが多い。しかしながら怪我や損傷の危険性も他のストレッチより高い。


②スタティックストレッチ

逆にスタティックストレッチはバリスティックストレッチと違って、反動を利用せずに、ゆっくりと筋肉を伸長するストレッチである。お風呂上がりや運動後に行うストレッチであり、一般的に我々がお風呂上がりに体を柔らかくしようとして行うストレッチはこのストレッチである。筋肉を伸ばした状態で反動をつけず、一定時間保持することで、筋肉の緊張を柔らげ、柔軟性や関節可動域の向上が得られる。

ここで注意してほしいのが、運動前にスタティックストレッチを行ってしまうと、筋肉を伸ばしてしまうことから、記録が伸びないなど、トレーニングに対して悪影響であると今は知らされている。なので運動後にスタティックストレッチを行って行きましょう。


③ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチは良く体育の授業の前に行うストレッチのことで、一番わかりやすく言うとラジオ体操がダイナミックストレッチであると言える。一定の方向へ運動をリズムに合わせて繰り返す、動きを伴うストレッチである。このストレッチが一番トレーニング前に効果的である。


と言うことはトレーニング前にラジオ体操を行えば問題ないと言う意味である。



今回は『トレーナがおすすめ!トレーニング前はラジオ体操が一番効果的!』について解説して行きましたが、結論トレーニング前はラジオ体操をのような動きを伴うストレッチが効果的であり、トレーニング後は、一般的にお風呂上がりに体を柔らかくしようとして行うストレッチであるスタティックストレッチが効果的であることを解説しました。さらに運動前にスタティックストレッチを入れると、筋肉を過度に伸ばすことからトレーニングの記録が伸びにくくなるため、取り入れるのは注意が必要です。



HOME FITTORE(ホームフィットレ)ではこういったストレッチから使い分けて実施してトレーニングを行い、クールダウンをします。

本気でダイエットやボディーメイクをしたいかた、私たちと一緒に理想の体を目指して行きましょう!

NEW

  • トレーナーがおすすめする健康食品の代表🥇納豆の効果

    query_builder 2021/06/22
  • 栄養士トレーナーが脂質について解説!

    query_builder 2021/06/23
  • トレーナーおすすめ!効果的なお風呂の入り方♪

    query_builder 2021/06/18
  • パーソナルトレーナーが教えたい産後ダイエットのポイント

    query_builder 2021/06/21
  • ヨーグルトの摂取タイミング

    query_builder 2021/06/17

CATEGORY

ARCHIVE